名刺を作成するときのポイント

ビジネスをするにあたって、多くの人が利用するのが名刺です。会社を起業したり、フリーランスになった人にとっては、自分を売り込むアイテムでもあります。ですが、名刺というのはただ単に名前や連絡先が書いてあればいいというわけではありません。

もらった相手が見やすいようにしないと、せっかく渡しても名前を覚えてもらえないかもしれないのです。ここでは、名刺を作成するときのポイントについて解説しています。関連>デザイン名刺.net|名刺 作成

『名刺作成はどうしたら良い?知っておきたい名刺作成業者の選び方』

読みやすいサイズを心がけましょう

名刺というのは、すべて同じサイズというわけではありません。どのサイズにするかで印象はグッと変わってしまいます。一般的に使用されている名刺のサイズは、91mm×55mmです。ですが、名刺のサイズについて特に決まりがあるというわけではありません。

相手の印象に残るためには、スリムにしたりやや大きめにするといいでしょう。ですが、大切なことは見やすさです。あまりにもスリムだったり大きかったりしては書いてある文字が見づらいですし、他の人との名刺をあわせたときに、あまりにもサイズが違うと保管が難しくなる可能性もあります。

名刺のサイズでインパクトを与えたいと考えているなら、もらった相手が見やすいサイズを心がけるといいでしょう。そして、海外の人と仕事をする場合には、その国の名刺サイズについて知っておくことも必要です。アメリカでは89mm×51mmが主流ですし、中国では90mm×54mmというサイズが多いです。

名刺というのは、国によってサイズが違うこともあるので、事前に調べておくといいでしょう。

文字の大きさを決めることが大切です

名刺に載せる情報というのは意外に多いものです。氏名や会社名の他に役職や肩書き、部署名、更に住所や電話番号、メールアドレスにウェブサイトのURLと、かなりの情報量を記載する必要があるのです。ですが、これらの文字をすべて同じ大きさにしてしまうと、小さな名刺にはすべてを載せることはできませんし、載せたとしてもかなり見づらくなってしまいます。

名刺で一番相手に伝えたい部分である名前や会社名といった部分は、大きめの16ポイントが最適なサイズです。また、名前の上に肩書きを記載する際には、7ポイントにすると名前とのバランスが良くなります。

電話番号やメールアドレスなどは6ポイントにすると、やや小さめのサイズでも読みやすい印象になります。

このとき、もっとたくさん載せたいからといって、5ポイントまで小さくしてしまうと、もらった相手が読みづらくなってしまう可能性があります。名刺の文字サイズを決めるときには、大きすぎず小さすぎないサイズを意識しましょう。

書体を意識することが必要です

名刺の作成では、文字サイズも大切ですが、書体選びも重要です。いくら読みやすい文字サイズにしても、書体選びによっては、読みやすいか、読みづらいかが分かれてしまいます。文字の幅がすべて同じであるゴシック体にすると、ハッキリとした印象になり読みやすい印象がありますし、縦に太く横に細い明朝体はやや柔らかな雰囲気に仕上がります。

また、縦型の名刺の場合は、止めがはっきりとわかる楷書体の方がスッキリとした仕上がりになります。職業によっては手書きの風合いが強い書体にしたい人もいるでしょう。そのときには、あんずもじを活用すると効果的です。

やや小ぶりでかわいらしい印象が強いため、女性用品や子供用品を扱うときには最適です。また、アルファベットが多い場合は、落ちついた雰囲気のヘルベチカや、柔らかく親しみのあるガラモンを取り入れるといいでしょう。

『名刺を自分で作成するといくらになる?』

カラーを決めることも必要です

名刺のカラーというと白というイメージがあるかもしれませんが、他にも様々なカラーがあるので、最適なものを選びましょう。選び方によっては印象を良くすることもありますが、その逆もあり得るので慎重におこなうことが大切です。

柔らかさや優しさを出したいときには、パステルピンクやパステルイエローなど淡い色合いにするといいですし、ナチュラルなイメージにしたいときにはブルーやグリーンといったアースカラーがピッタリです。引き締まった印象にはブラックもいいのですが、やや暗めの印象になってしまうので、使用するときには注意しましょう。

カラーを選ぶときには、会社名や職種のイメージにあうものにするよう心がけることが大切です。

柄を取り入れるときの注意点

印象的な名刺にするために、花やリーフなどの柄を入れたいと考えている人もいるでしょう。柄を入れることによって、無地の名刺よりも華やかな印象になりますし、一目で覚えてもらいやすくなります。ですが、目立つことばかりを考えて、あまりにも大きすぎる柄や原色ばかりの派手なタイプにすると、文字が目立たなくなってしまって、名前や会社名を覚えてもらうことが難しくなるかもしれません。

名刺に柄を入れるときには、名前や会社名の邪魔をしない大きさやカラーを意識するようにしましょう。また、季節感や流行を意識した柄を取り入れたりと、バリエーションを豊かにすると、更に印象深い名刺となります。

レイアウトの確認が大切です

名刺は、いかにサイズや文字の大きさが最適でも、レイアウトの仕方によっては、印象を左右してしまことがあります。見やすい名刺を意識するときには、まず文字を揃えることを意識すると、スッキリとした印象になります。

そして、会社や名前を目立たせたいときには、センター揃えがいいと思う人もいるかもしれません。しかし、センター揃えは全体のバランスをとることがかなり難しいため、できるだけ避けた方がいいでしょう。読みやすさを考えるなら、右揃えや左揃えにした方が、全体的にスッキリとした印象になり、名前や会社名を目立たせることができます。

また、必要な情報を入れることは大切ですが、ビッシリ文字が書いてあっては読みづらくなってしまいます。適度な余白を確保することによって、文字がハッキリ見えるようになり、視認性を高くすることが可能になります。

さらに、複雑な漢字を使用するときにはローマ字やカタカナでルビをふり、読みやすくすることも大切です。

名刺を作成する重要性

名刺は、名前や会社名を伝えるだけが役割ではありません。相手とコミュニケーションをとるときの第一印象を左右することもあるのです。サイズや文字の大きさに気を配った名刺にすることで印象が良くなり、その後のビジネスにも大きく関わってくる可能性があります。

もらった相手が見やすいようなレイアウトやカラー選びを心がけるようにしましょう。